2020年2月16日 のアーカイブ

ペトロの手紙1 1:13~25
「『主の言葉は永遠に変わることはない』。これこそ、あなたがたに福音として告げ知らされた言葉なのです。」(1:25) 

 ペトロは、バビロン捕囚から解放される直前にイスラエルにイザヤが伝えた預言を引用し、「これが福音だ」と言います。
 エルサレムを失い、バビロンで捕囚となり、そのバビロンも衰退する中で、民は朽ちることのないもの求めていました。そんな中でイザヤは「慰めよ、私の民を慰めよ」という神の言葉を聞き、永遠に変わらないものは神の言葉であることを人々に告げたのです。
 ペトロ自身、自分と主イエスは変わらないと考えていました。「この方のためなら牢に入っても、死んでもいい」とまで思いました。しかし、一夜にして変わったのです。
 「私はあなたのために信仰が無くならないように祈った」と言ってくださった主は、復活して再びペトロを迎えてくださいました。「私は父にお願いしよう。父は別の弁護者を遣わして、永遠にあなたがたと一緒にいるようにしてくださる」(ヨハ14:16)。
 永遠のインマヌエルという変わることの無い福音が、地上の仮住まいを乗り越えさせてくれる希望なのです。

カテゴリーとタグ
2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  
ログイン
アクセス情報