2019年2月 のアーカイブ

マタイによる福音書 25:14~30
「『忠実な善い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ。』」(25:21) 

 天の国のたとえ話です。旅に出る主人からタラントンという単位(6千日分の賃金)の財産を預けられた僕の姿を通して、キリストの再臨を待つ私達の現実が語られています。
 主人は帰って来て、タラントンを増やした僕に、「お前は少しのものに忠実であったから・・・」と言います。タラントンが「少しのもの」と言われています。それに勝る宝が「忠実な善い僕」に与えられます。それは、「更に多くの主人の財産の管理を任される」、ということでした。
 教会はキリストに忠実であればあるほど、ますますキリストの僕とされ、恵みの支配に深く入れられる幸いを得ます。それこそ、我々にとって罪からの「解放」です。
 教会は天の国の鍵をキリストから授かっています(16:19)。新品同様きれいなままで保管されることをお望みではありません。タラントンという単位にたとえられるに相応しい重みをもった主の御業を託されているのです。

マタイによる福音書 25:1~13
「愚かな乙女たちが買いに行っている間に花婿が到着して、用意のできている5人は花婿と一緒に婚宴の席に入り、戸が閉められた。」(25:10) 

 「神に従う人の光は喜ばしく輝き、神に逆らう者の灯は消される」(箴言13:9)。この天の国のたとえ話に出て来る、光を失った「愚かな花嫁たち」は神に逆らう者・反キリストの姿です。
 主イエスは「門をたたきなさい。そうすれば、開かれる」とおっしゃいました(7:7)。同時に「私に向かって『主よ、主よ』と言う者が皆、天の国に入るわけではない」ともおっしゃいます(7:21)。
 このたとえ話から、主の「門をたたきなさい」という教えは、「今、たたきなさい」ということであることがわかります。花婿が来てから油を買いに行き、それから門をたたくのでは遅いのです。時を逃してならないことを主は繰り返しおっしゃいます。
 聖書は神とイスラエル、キリストと教会との契約関係を、花婿と花嫁の結婚関係として語っています。私達はキリストの花嫁とされている祝福に生きています。それに加えて、婚宴の席に人々招く介添え人としての喜びも与えられているのです(ヨハネ福音書3:29)。

マタイによる福音書 24:45~51
「主人がその家の使用人たちの上に立てて、時間どおり彼らに食事を与えさせることにした忠実で賢い僕は、一体誰であろうか。」(12:45) 

「主人と僕」は、キリストと弟子達、神と教会を表しています。
「忠実」は「信仰」の類義語です。パウロは「私達は神の秘められた計画の管理者です」「我々管理者に要求されるのは忠実であることです」と言っています(1コリ4章)。主に忠実であることの先に、主人の全財産を管理させていただく、つまり主の御業を担わせていただく幸い・祝福が待っています。
悪い僕は、主人の喜びではなく、自分が主人になる喜びを求めました。今自分がいるのは、主人の家であり、自分が殴っているのは主人の僕たちであり、そして自分も本当は主人の僕であるということすら忘れてしまいました。イスラエルが繰り返し陥った、一番大切なことを忘れてしまった信仰者の姿です。「あなたは、自分の力と手の働きで、この富を築いた、などと考えてはならない。むしろ、あなたの神、主を思い起こしなさい」(申命記8:17)。
私達の今が、主人が戻って来る時に向かっている今であることを忘れないことが、既に勝利なのです。

マタイによる福音書 24:26~44
「目を覚ましていなさい。いつの日、自分の主が帰って来られるのか、あなたがたには分からないからである。この事をわきまえていなさい。」(24:42~43) 

 キリストの弟子達の「主」は、「帰ってくる主」であることが大前提とされています。そして「主の帰還がいつなのか自分たちでは分からない」ことをわきまえておきなさい、と言われます。
 主イエスはノアの話をなさいました。不法の日常の中で、神は裁きのご計画を義の人ノアにお告げになりました。ノアは陸の上に船を造ります。しかしノアに倣う者はいませんでした。
「その日」まで、人々は食べたり飲んだり、めとったり嫁いだりしていました。「その時」まで日常があったのです。誰も今自分たちの前の前にある日常が明日なくなるとは考えませんでした。神の救いへの招きに耳を傾ける人がどれほど少ないか、という現実を突きつける物語です。
 ある人は、「信仰とは神の言葉を生活することだ」、と言いました。私達の信仰は、今の生活が全てキリストとの再会への秒読みの中にあることを忘れない、というところにあるのです

カテゴリーとタグ
2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
ログイン
アクセス情報