2018年3月25日 のアーカイブ

イザヤ書 19:16~23

「その日には、エジプトからアッシリアまで道が敷かれる。」(19:23) 

 エジプトへの託宣の内容が、16節から祝福への招きへと転換します。主なる神は、裁きの先でエジプトをご自分への礼拝へと導き、聖なる国民の一員とされることをお示しになります。
 「その日」には、エジプトには「5つの町」が出来、その町の一つは「太陽の町」と呼ばれる、と言われています。たった五つの町の立ち返りなど無力に思えます。しかしそのわずかな信仰者が、パン種が練粉全体を膨らませるように、世の光としての働きを担うのです。
 イザヤ書にはよく「道」という言葉がつかわれています。「慰めよ、私の民を慰めよ、とあなたたちの神は言われる・・・主のために、荒野に道を備え・・・荒れ地に広い道を通せ」(40:1~3)。何もない荒れ地・地上の混沌の中に、真っすぐに、主の礼拝へとつながる道が敷かれる希望が語られます。
 民族や国といった地上の線引きを超えて、主を礼拝する者がその道を歩き、聖なる国民が創造されていきます(1ペト2:9~11)。キリストが血を流して敷いてくださった道を歩き通すことで、我々は真理の道を証しすることになるのです。

カテゴリーとタグ
2018年3月
« 2月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ログイン
アクセス情報