礼拝案内 / 説教集 一覧

マタイによる福音書 26:69~75
「ペトロは・・・イエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。」(26:75) 

 ペトロが「ナザレのイエスなど知らない」と言いました。それはイエス・キリストが、世の全ての人から見捨てられた瞬間でした。
 主を知らないと言い、危機を脱したペトロの耳に、鶏の鳴き声が聞こえました。彼は主の言葉を思い出し、泣き崩れます。
 ペトロはもう終わりでしょうか。そうではありません。主は、三度ご自分を否むことになるペトロに、「ガリラヤで会おう」と仰ったのです。本当の意味でのペトロの弟子としての歩みはここからなのです。
 「神の御心に適った悲しみは、取り消されることの無い救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」(Ⅱコリ7:10)とパウロは書いています。ペトロの涙は、悔い改めに通じる、神の御心に適った悲しみでした。
 「無学で普通の人であったペトロ(言行録4:13)」は、「イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜ぶ」(言行録5:41)者とされました。どん底にまで堕ちた所で、復活の主が赦しの御腕をもって受け止めてくださった、だからペトロは明るみで「私はあの方を知っている」といるようになったのです。

マタイによる福音書 26:57~68
「私は言っておく。あなたたちはやがて、人の子が全能の神の右に座り、天の雲に乗って来るのを見る。」(26:64) 

 実質は、これは裁判ではありませんでした。もう判決は決まっていました。イエスは死刑です。問題はそれをどう正当化させるか、ということでした。
 偽証人が現れますが、主イエスを決定的に追い込むことはできませんでした。その間主はただ、黙り続けていらっしゃいました。業を煮やした大祭司は、「お前は神の子、メシアなのか」と直接尋問します。
 主イエスは沈黙を破り、ご自分こそ全能の神の右に座り、天の雲に乗ってくる神の子・メシアであることを宣言されました。神を自称し、神を冒涜したとして、主イエスは有罪とされ、唾をはかれ、殴られました。
 この晩、主イエスが口を開かれたのはこの一言だけでした。あとは、抵抗せず黙って殴られ続けました。「苦役を課せられて、かがみこみ、彼は口を開かなかった。屠り場に引かれる子羊のように、毛を切る者の前に物を言わない羊のように、彼は口を開かなかった」(イザ53:7)。
 神がイザヤを通して到来を約束されていた苦難の僕は、実は神御自身でした。主イエスは右の頬を殴られながら、左の頬を差し出し、ご自分を殴る相手のために赦しを祈り続ける戦いを続けられたのです。

マタイによる福音書 26:47~56
「このすべてのことが起こったのは、預言者たちの書いたことが実現するためである。」(26:56) 

 ゲツセマネの園で対峙する逮捕の一団と弟子達、そしてユダに主イエスがおっしゃったのは、聖書の言葉に心を向けなさい、ということでした。神が羊飼いを討ち、羊たちが散らされ(ゼカ13章)、それぞれの方角に向かって散っていった羊たちのために苦難の僕が傷を負う(イザ53章)、という預言者たちの言葉が実現するのです。
 主を引き渡す合図としてユダは「先生、こんばんは」と挨拶します。ユダは最後まで主イエスを「主」と呼ぶことはありませんでした。これに対して主イエスは「友よ」と返されました。偽りの愛をもって近づくユダに、主は最後まで真実の愛を貫かれました。
 大祭司の手下に打ちかかって耳を切り落とした者に、主は「剣を取る者は皆、剣で滅びる」とおっしゃいました。これは創世記の初めから人に示されて来た神の契約の言葉です(創9:5以下)。
 神の国は剣によってつくられるものではありません。神の似姿として神がお求めになる平和を築き上げていくところに実現します。

マタイによる福音書 26:36~46
「父よ、私が飲まない限りこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように。」(26:42) 

 主はゲッツセマネにペトロ、ヤコブ、ヨハネの三人を伴われました。三人にお命じになったことは「私と共に目を覚ましていなさい」、それだけのことでした。「私の姿をよく見ていなさい」ということです。
 弟子達はしかし、眠ってしまいました。主は「誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい」とおっしゃいます。心がどれだけ燃えても、誘惑と向き合うには祈りしかないのです。
 もう一度戻って来られた主イエスは、それでも弟子達が眠っているのをご覧になって、何も言わず、再び祈りの場へと戻って行かれました。もう一緒に目を覚まして共に祈ってくれる友がいないことを知り、今度こそ孤独の祈りの戦いとなりました。
 あの晩眠ってしまったことを、3人の弟子達はどれほど後悔したでしょうか。ペトロは、後に教会に「目を覚ましていなさい」と訴えます(1ペト5:8~11)。主が、眠る自分たちのために祈りの戦いをしてくださったことを思い出し、涙をもって訴えたのではないでしょうか。
 神が火の柱をもってイスラエルのために寝ずの番をしてくださったように、キリストは私達のために祈ってくださいます。

使徒言行録1:3~11
「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして・・・地の果てに至るまで、私の証人となる。」(1:8) 

 イエス・キリストの弟子達の祈りの輪に聖霊が注がれ、教会が創造されました。聖霊の導きは不思議です。主イエスのことを「知らない」と言ったペトロや、教会の人々をひどい目に合わせたパウロも、使徒として教会で用いられたのです。
主イエスの十字架の後、弟子達は孤独を感じたでしょう。しかし復活の主は弟子達に現れ、「聖霊による洗礼を待ちなさい」と彼らに約束の時が備えられていることを40日間お示しになりました。
「あなたがたは私の証人となる」とおっしゃった主は天に上げられました。白い服を来た二人の人が「あの方はまた同じ有様でおいでになる」と弟子達に告げます。
弟子達は主が行かれた天を見て、「主は生きていらっしゃる、天に場所を用意してくださっている」と確信し、皆で一つになって祈りました。聖霊はその祈りの場に降ったのです。
聖霊は私達を祈りへと導き、私達の祈りが更に聖霊の力を呼びます。そうやって聖霊は私達をイエス・キリストへと導き、結びつけ、更に大きな祈りの輪を創造してくださるのです。

マタイによる福音書 26:31~35
「しかし、私は復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」。(26:32) 

 ゲツセマネに向かう夜道、主イエスは弟子達に「聖書にあるように、今夜、あなたがたは皆私に躓く」とおっしゃいました。弟子達は驚き、それぞれが「あなたを見捨てることはありません」と主張しました。
 主イエスがここで弟子達におっしゃったのは、再会の約束でした。散らされた羊である弟子達は、主の復活の先で出発点に立ち返り、復活の主と再出発する希望が確約されているのです。
ゼカリヤ書には、神が羊飼いを討ち、散らされた羊はその先で「精錬される」という預言があります(ゼカ13章)。羊たちは鍛えられ、その先で再び羊飼いの下に戻り、「残りの者」として再出発するのです。
 ペトロの姿に見られるように、明日の夜明けまで続くかどうかもわからないのが私達の信仰です。変わらず確かなのは、「私はあなたが戻って来るのを待っている」とおっしゃってくださるインマヌエルの主の招きです。

マタイによる福音書 26:26~30
「これは、罪が赦されるように、多くの人のために流される私の血、契約の血である。」(26:28) 

 キリストは、私達の過越しの子羊として屠られました(1コリ5:7)。教会は聖餐卓を囲み、イエス・キリストを通して起こされた新しい過越し・新しい出エジプトを記憶し、祝います。
 主はご自身が流される血のことを「契約の血」とおっしゃいます。エルサレムで弟子達と囲まれた過越しの食卓が、主イエスにとって地上での最後の食事となりました。
しかし、これが行き止まりではありません。主は「神の国で弟子達と共に新たにぶどう酒を飲むその日」を見据えていらっしゃいます。主は「あなたがたと共に」とおっしゃいます。これからご自分を見捨てることになる弟子達と共に、ということです。主は「いつでもここにいてあなたが立ち返るのを待っている」とおっしゃるのです。
 キリストはご自身の血をもって、天の故郷への道を切り開いてくださいました(ヘブ10:20)。イスラエルがエジプトの奴隷から神の宝の民とされたように、罪の奴隷であった私達はキリストの宝とされています。新しい神の民イスラエル・教会が創造されたのです。

マタイによる福音書 26:17~25
「人の子は、聖書に書いてあるとおりに去って行く。」(26:24) 

 家族でもたれる過越しの食卓を、主イエスは弟子達と共に囲まれました。弟子達をご自分の家族としてご覧になっています(12:49)。その中に「裏切ろうとしている」者がいる、とおっしゃいます。
 弟子達は「主よ、まさか私の事では」と代わる代わる言い始めます。しかし主は、それが誰かをおっしゃいません。それ以上に弟子達にお伝えになっているのは、「聖書に書いてあるとおりに」ご自分が去って行かれる、ということでした。
 「聖書に書いてある通り」とは、イザヤ書53章の苦難の僕の歌のことが言われているのでしょう。「彼の時代の誰が思い巡らしたであろうか。民の背きのゆえに、彼が神の手にかかり、命ある者の地から断たれたことを。」神の救いは、誰にも理解されないまま実現していきました。
 ユダは弟子達の中でただ一人、主イエスのことを「先生」と呼んでいます。「主」、ではなく「先生」です。「先生」以上の方として見ることが出来なかったようです。
 私達の前にはいつでもユダの道があります。キリストの元に留まる信仰の戦いは、「聖書に書いてある通り」になる、という希望があるからこそ続けられるのです。

出エジプト記 20:1~21
「安息日を心に留め、これを聖別せよ。」(20:8) 

 十戒を通して契約を結んだ神とイスラエルがまずしたことは、幕屋建設でした。神は、7つの言葉によって、荒野に礼拝のための幕屋を創造されます(出エジ25:1、30:11、17、22、34、31:1、12)。荒野に安息共同体の姿が立ち上がっていきます。
 イスラエルは、神と共にこの世に礼拝を造り上げていく民です。荒野の旅の中で、神は時間の支配者としてイスラエルの歩みを守られました(出エジ40:36~37)。今でもそれは続いています。キリストが週の初めの日に復活されてから、教会は日曜日に礼拝の時を持ち、キリストの復活を記念する時として聖別するようになりました。それは、死に勝る力に包まれ、天の故郷へと心を向ける安息の時です。
 アブラハムは神から夜空を見るよう言われ「あなたからこの星のように数えきれない祝福の民が生まれる」と約束されました。私達が、アブラハム契約の実現です。
 私達の礼拝が、次の礼拝を生みます。教会は聖なる時間によって生かされながら、この世に聖なる時間を創造する業に加えられているのです。

出エジプト記 20:1~21
「安息日を心に留め、これを聖別せよ」(20:8) 

十戒は、どこかにいた神が突然現れて、「これを守れ」と人間に与えたものではありません。エジプトの奴隷生活から荒野を共に乗り越えて来た神とイスラエルが、「わたし」と「あなた」と呼び合いつつ、契りを結ぶ、契約の言葉です。
十戒は、安息日を心に留め、聖別することをイスラエルに求めています。安息の時間を聖別するのはイスラエルだけではありません。神も、イスラエルと共に安息日を聖別してくださいます。
神が天地創造の際そうなさったように、私達の、生きる為のマナをかき集める手を止めます。そして神と共にこの「極めて良い」世界を見つめる時間をもちます。礼拝の時の中で、私達は「神の恵みによって今日の私がある」(1コリ15:10)ことを、天地創造にまで遡って思い返すのです。
神は、この世界と共に礼拝の時間を創造してくださいました。十戒は、荒野から聞こえる誘惑の声から私達を守ってくれます。礼拝の中で沈黙し、天地創造から今に至る神の招きの恵みを思う聖なる時間が、この世界を歩む私達の生きる力となります。

カテゴリーとタグ
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
アクセス情報