テサロニケの信徒への手紙1 2:17~20

「兄弟たち・・・じつに、あなたがたこそ、私達たちの誉れであり、喜びなのです。」(2:17~20)

 主イエスは、ご自分の言葉を求める人たちのことをご覧になり、「神の御心を行う人こそ私の兄弟、姉妹、また母なのだ」とおっしゃいました。
 パウロは、テサロニケ教会の人達のことを「兄弟」と呼び、「私達の誉れ」と言っていますが、それは、教会がサタンの妨害の中でもキリストの言葉を求め、教会が教会であり続ける戦いをやめなかったからです。
 サタンとは、教会が教会であり続けようとすることを妨げる、反キリスト・反教会の力です。終わりの日には、サタンは敗北し、私達の涙はことごとく拭われます(ヨハネ黙示録20~21章)。
 私達は勝利の日のために神が蒔いてくださった小さな種です。この時代にサタンとの戦いを課せられています。主イエスから「あなたこそ私の兄弟、誉れである」と言っていただける戦いを続けていきましょう。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
アクセス情報