使徒言行録2:43~47

「こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。」(2:47)

 聖霊の注ぎを受けた使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われ、全ての人に恐れが生じました(43節)。皆、自分の手で救い主を殺した、という事実を知ったのです(36節)。教会は、自分の罪を恐れ、神を畏れる群れです。
 ペトロは言いました。「わたしには金や銀はないが、持っているものをあげよう」(3:6)。彼が持っていたのは、ただ、イエス・キリストの名だけでした。それこそが、教会が持っているものでした。
 不思議なことですが、金や銀をもたない教会に仲間が加えられ、たちつづけています。それは人間の業ではないからです。「主が」私達を集め、一つにしてくださった、と記されています。教会は、これからも、ただこの主の招きに身をゆだねることによってたっていきます。
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ログイン
アクセス情報