ヨハネによる福音書20:1~10

「『主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちにはわかりません。』」(20:2)

 マグダラのマリアは、空になった墓に驚きました。復活の主イエスはこの後すぐにマリアに、同じ日に弟子達にもご自身を示されました。
 そこで福音書は終わっているか、というとそうではありません。一人、トマスという弟子はその場に居合わせずに、他の弟子達の証言を信じませんでした。
 トマスは特に疑い深い人だったのでしょうか。そうではないでしょう。むしろ、トマスはいつも主イエスを追いかけ、いつも探し求めていた人です(11:16、14:5)。
 主の復活を信じられなかったトマスに後日、主イエスは出会われました。「求めなさい。そうすれば与えられる。探しなさい。そうすれば見つかる」(マタイ7:7)。復活の主は一人ひとりに、不思議な仕方で出会ってくださいます。
 

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
アクセス情報