マルコによる福音書9:1~13
 

「人の子が死者の中から復活するまでは、今見たことをだれにも話してはいけない。」(9:9)

 「人の子が死者の中から復活するまで」・・・まるで主イエスが死んでしまうことを前提としているような言い方です。弟子達は当惑しました。「あなたは栄光のメシアではないのですか?だから、だから山の上でエリヤと出会われたのではないのですか?」
 主は、「人の子は苦しみを重ね、辱めを受けると聖書に書いてあるのはなぜか」とおっしゃって、弟子達の心をエリヤからご自分へと向けさせました。
 キリストの受難に目を向け、その意味を知ることが、私たちを正しいアカシビト・正しい信仰者へと造り上げます。
 全ては私たちの罪の深さのためでした。それは御子の肉が裂かれ、血が流されなければ赦されないほどのものでした。御子の痛み無しに「救い」はあり得なかったのです。

 

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
アクセス情報