マルコによる福音書8:22~26

「イエスがもう一度両手をその目に当てられると、よく見えてきていやされ、何でもはっきり見えるようになった」(8:25)

 「見えるようになった」というのは、「再び見えるようになった」・「見上げるようになった」という二つの意味を含んでいます。
 「メシアによって、イスラエルの目に再び神の姿が見えるように光が与えられた」のがこの癒しです。イスラエルの目は罪という暗黒に支配されていたのです(イザヤ書29:17-19)。
 罪の力が人間の目から奪ったものは、「楽園(=神の国・神の支配)」でした。キリストはその罪(=闇)を盲人の目から払われたのです。
 盲人は自分の目に触れてくださった方の御顔を見上げました。彼はそこに楽園を再び見出したのです。25節の「見えるようになった」というのは、「見続けるようになった」という言葉です。教会はキリストの御顔にこそ楽園を見続けるのです。

 

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
アクセス情報