マルコによる福音書7:1~13

「あなたたちは神の掟を捨てて、人間の言い伝えを固く守っている」(7:8)

 ゲネサレトの土地には、主イエスを求めた人たちと、主イエスを非難した人たちがいました。
 主を非難した人たちは、厳格に神の律法を守ることによって神と共に生きることができている、という自負をもった人たちでした。
 しかし彼らは、自分たちの目の前にある神の祝福にも、自分たちが話しているのが神御自身であることにも気づきませんでした。「神の掟を捨てて、人間の言い伝えを固く守っている」からだ、と主はおっしゃいます。
 人間が、人間の言葉と神の言葉を同列に置いた時に、神が見えなくなるのです。そうなった時に、私たちは「無駄な礼拝・空っぽの礼拝」を捧げることになります。

 

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
アクセス情報