マルコによる福音書 14:22~31
「これは、多くの人のために流される私の血、契約の血である。」(14:24) 

 過越しの食卓で聞いた主イエスの言葉に、弟子達は無言でした。何も言えませんでした。主が苦難の僕(イザ53章)としてこの言葉をおっしゃったことを知るのは、ずっと後になってからです。
 無言の弟子達に、「あなた方は皆私に躓く」とおっしゃいます。弟子達は乱れました。「私は躓きません」。主がおっしゃったのは、責めの言葉ではありません。これからご自分を見捨て、離れ、罪に苦しむことになる弟子達に、「復活した後、ガリラヤで待っている」と、立ち返るべき場所を示されたのです。
 「自分に罪などない、神など必要ない」と嘯いていた自分の罪をあの方が全て背負って十字架へと歩んでくださったことを知った時、私達は驚きます。自分の罪の深さと、既に許されていた、ということに驚きます。「私は復活であり、命である。私を信じる者は、死んでも生きる」(ヨハネ福音書11:25)、「神の恵みによって今日の私があるのです」(1コリ15:10)。イエス・キリストに従う信仰生活を送る、ということは、主の恵みに驚かされ続ける、ということではないでしょうか。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
アクセス情報