ペトロの手紙1 1:1~9
「あなたがたは、キリストを見たことがないのに愛し、今見なくても信じており、言葉では言い尽くせない素晴らしい喜びに満ち溢れています。」(1:8) 

 この手紙を読んだのは、生前の主イエスを知らない世代の人達でした。 主はトマスに「見ないのに信じる人は幸いである」とおっしゃいました。ペトロも同じことを試練の中にある教会に伝えています。
 預言者エリヤは、アラム軍に囲まれた際、目には見えない「火の馬と戦車がエリシャを囲んで山に満ちている」ことを知っていました(列王記下6:15以下)。教会は、このイスラエルの信仰を受け継いでいます。
 教会には試練が与えられます。創世記に、アブラハムが独り子イサクを生贄として捧げる、という試練を乗り越えたことが記されています(創世記22章)。試練はそこで完結したわけではありません。アブラハムがイサクを捧げようとしたモリヤの地に、エルサレム神殿が建てられ、神の独り子が生贄として備えられたのです。聖書は、私達に与えられる試練は、「備えられた主の山」に至るための道であることを教えています。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
アクセス情報