マタイによる福音書 28:16~20
「『私は天と地の一切の権能を授かっている。』」(28:19) 

 神は、無意味に人と出会うということはなさいません。神と出会った人には、その人が考えたこともなかったような新しい道が必ず示されます。ガリラヤに戻った弟子達がそうでした。
 弟子達と再会された復活の主の第一声は「私は天と地の一切の権能を授かっている」でした。墓から蘇られた方がそうおっしゃるのを聞いて、弟子達は「アーメン」と思ったでしょう。だから、彼らは再び世に出て行くことが出来たのです。
 主は「全ての人に、父と子と聖霊の名によって洗礼を授けなさい」とおっしゃいました。洗礼を通して信仰者に聖霊が与えられる様子が使徒言行録に記録されています。「聖霊」は元々「息・風」という意味の言葉です(ヘブライ語で『ルーアハ』)。ルーアハは、「それによって決定づけられるもの」という意味も持っています。
 神が人の鼻に息を吹き入れて人を生きる者とされたように、私達は洗礼を通して神の息をいただき、キリストと共に生きることが決定づけられました。天と地の一切の権能をお持ちの方が、世の終わりまで共にいてくださいます。主の前にひれ伏す礼拝の民に、今も主の大宣教命令の声は与えられています。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
アクセス情報