マタイによる福音書 27:45~56
「イエスは再び大声で叫び、息を引き取られた。その時、神殿の垂れ幕が上から下まで真っ二つに裂け、地震が起こり・・・」(27:50~51) 

 キリストの死の瞬間に起こった出来事を福音書は記しています。聖書の原文では、神殿の垂れ幕は上から「裂かれた」となっています。聖書はこれを、神がご自分の神殿の垂れ幕を、ご自分の独り子の命をもって上から裂かれた御業として証言しています。
 その時、大地が揺れました。神が地の罪を裁かれる時、「地は裂け、甚だしく裂け、地は砕け、甚だしく砕け、地は揺れ、甚だしく揺れる」と預言されています(イザ24:19)。
大地が揺れるのを見てまず信仰を告白したのは、主イエスを十字架に打ち付けたローマ兵たちでした。主の十字架は、罪人と神をつなぐ道となりました。キリストの死によって「道」が切り拓かれ、「上から」の招きによって主の下に集う人々がキリスト教会とされ、今の私達があるのです。「イエスは、垂れ幕、つまりご自分の肉を通って、新しい生きた道を私達のために開いてくださいました」(ヘブ10:20)。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
アクセス情報