マタイによる福音書 26:69~75
「ペトロは・・・イエスの言葉を思い出した。そして外に出て、激しく泣いた。」(26:75) 

 ペトロが「ナザレのイエスなど知らない」と言いました。それはイエス・キリストが、世の全ての人から見捨てられた瞬間でした。
 主を知らないと言い、危機を脱したペトロの耳に、鶏の鳴き声が聞こえました。彼は主の言葉を思い出し、泣き崩れます。
 ペトロはもう終わりでしょうか。そうではありません。主は、三度ご自分を否むことになるペトロに、「ガリラヤで会おう」と仰ったのです。本当の意味でのペトロの弟子としての歩みはここからなのです。
 「神の御心に適った悲しみは、取り消されることの無い救いに通じる悔い改めを生じさせ、世の悲しみは死をもたらします」(Ⅱコリ7:10)とパウロは書いています。ペトロの涙は、悔い改めに通じる、神の御心に適った悲しみでした。
 「無学で普通の人であったペトロ(言行録4:13)」は、「イエスの名のために辱めを受けるほどの者にされたことを喜ぶ」(言行録5:41)者とされました。どん底にまで堕ちた所で、復活の主が赦しの御腕をもって受け止めてくださった、だからペトロは明るみで「私はあの方を知っている」といるようになったのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
アクセス情報