マタイによる福音書 26:31~35
「しかし、私は復活した後、あなたがたより先にガリラヤへ行く」。(26:32) 

 ゲツセマネに向かう夜道、主イエスは弟子達に「聖書にあるように、今夜、あなたがたは皆私に躓く」とおっしゃいました。弟子達は驚き、それぞれが「あなたを見捨てることはありません」と主張しました。
 主イエスがここで弟子達におっしゃったのは、再会の約束でした。散らされた羊である弟子達は、主の復活の先で出発点に立ち返り、復活の主と再出発する希望が確約されているのです。
ゼカリヤ書には、神が羊飼いを討ち、散らされた羊はその先で「精錬される」という預言があります(ゼカ13章)。羊たちは鍛えられ、その先で再び羊飼いの下に戻り、「残りの者」として再出発するのです。
 ペトロの姿に見られるように、明日の夜明けまで続くかどうかもわからないのが私達の信仰です。変わらず確かなのは、「私はあなたが戻って来るのを待っている」とおっしゃってくださるインマヌエルの主の招きです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
アクセス情報