マタイによる福音書 26:17~25
「人の子は、聖書に書いてあるとおりに去って行く。」(26:24) 

 家族でもたれる過越しの食卓を、主イエスは弟子達と共に囲まれました。弟子達をご自分の家族としてご覧になっています(12:49)。その中に「裏切ろうとしている」者がいる、とおっしゃいます。
 弟子達は「主よ、まさか私の事では」と代わる代わる言い始めます。しかし主は、それが誰かをおっしゃいません。それ以上に弟子達にお伝えになっているのは、「聖書に書いてあるとおりに」ご自分が去って行かれる、ということでした。
 「聖書に書いてある通り」とは、イザヤ書53章の苦難の僕の歌のことが言われているのでしょう。「彼の時代の誰が思い巡らしたであろうか。民の背きのゆえに、彼が神の手にかかり、命ある者の地から断たれたことを。」神の救いは、誰にも理解されないまま実現していきました。
 ユダは弟子達の中でただ一人、主イエスのことを「先生」と呼んでいます。「主」、ではなく「先生」です。「先生」以上の方として見ることが出来なかったようです。
 私達の前にはいつでもユダの道があります。キリストの元に留まる信仰の戦いは、「聖書に書いてある通り」になる、という希望があるからこそ続けられるのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
アクセス情報