ハガイ書 2:1~9
「まことに、万軍の主はこう言われる。私は、間もなく天と地を、海と陸地を揺り動かす。」(2:7) 

 BC538年、バビロン捕囚からイスラエルの民がエルサレムへと帰還しました。人々は都の再建に努め、帰還の翌年、神殿の基礎が据えられ、人々は泣きました(エズ3:12)。
 しかし、イスラエルはサマリアの総督やアラブ人、アンモン人など、周辺の人々からの妨害工作を受けながら、廃墟の中生活を続けなければならない苦しみの中にありました。工事は中断されてしまいます。
 ダレイオス王の第二年(BC520)、預言者ハガイを通して「神殿を廃墟のままにしておきながら、自分たちは板で張った家に住んでいてよいのか」(1:3)との神の言葉が告げられました。
 ハガイは仮庵祭の最終日(2:1)に、「天と地を揺り動かす」という神の言葉を伝えます。神の現臨の預言です(出エジ19:18)。ハガイの言葉に励まされ、イスラエルは神殿を再建しました(BC515)。
 500年以上が過ぎた仮庵祭の最終日、その神殿の境内にナザレからイエスという青年が来て、大声で叫びました。「渇いている人は誰でも、私の所に来て飲みなさい」(ヨハネ7:37)。動かぬ御国の祝福が、この方のもとにあります(ヘブ12:26以下)。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
アクセス情報