マタイによる福音書 22:23~34
「『復活の時には、めとることも嫁ぐこともなく、天使のようになるのだ』(22:19~30) 

 復活も天使も霊も信じていなかったサドカイ派にとって、自分たちの目に見える世界が全てでした(使徒言行録23:8)。「復活などというものがあったら、こんな困ったことが起きてしまいますよ」、と主イエスに議論を持ってきます。
 復活の命を、この地上の生活の延長として捉えていた彼らに、主イエスは「あなたたちは聖書も神の力も知らないから、思い違いをしている」とおっしゃいます。
聖書は私達を超えた方を証ししています。「聖書・神の力を知る」とは、そのことをわきまえることです。「天上の体の輝きと地上の体の輝きは異なっています」「自然の体があるのですから、霊の体もあるのです」(1コリ15章)。世の終わりには、私達が見たこともないことが起こるのです。
 更に、「神は死んだ者の神ではなく、生きている者の神なのだ」とおっしゃいました。既に地上の命をなくした者は、天の神の御腕の中で生きているのです。全ての人が復活の命に与る日に向かって私達は生きています。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
アクセス情報