マタイによる福音書 21:33~46

「家を建てる者の捨てた石、これが隅の親石となった。これは、主がなさったことで、私達の目には不思議に見える。」(21:42) 

 ブドウ園の農夫たちが、主人の許から送られて来る僕たちを次々と殺した、というたとえ話です。キリストはこのたとえ話を、預言者が殺され(歴代下24:21)、エレミヤが「強盗の巣」と呼んだ(エレ7:11)、まさにその場所(神殿の境内)で語られました。これは、イスラエルが預言者を拒んできた歴史を表すたとえ話なのです。
 たとえの中で主人は最後に自分の息子を送ります。その息子はブドウ園の外に放り出されて殺されました。エルサレムの町の外に放り出されて殺されるキリストの運命を暗示します。
 旧約聖書に、ダニエルがバビロン王の夢を解き明かす場面があります(ダニ2章)。大きな像に「人の手によらない一つの石」が投げられ、像は砕かれ、その石が山となり全地に広がる、という夢です。神の国が人間の国にとって代わることが示された夢でした。
「人の手によらない石」はゴルゴタの丘に捨てられました。しかし、その石が神の国の礎となりました。私達の目に不思議に見える神の救いの計画は、今も進んでいます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ログイン
アクセス情報