マタイによる福音書 18:21~35

「私がお前を憐れんでやったように、お前も自分の仲間を憐れんでやるべきではなかったか」(18:33) 

 僕は、王から1万タラントンの負債をゆるされながら、100デナリオンの負債のある友を許すことが出来ませんでした。王は怒ります。僕が1万タラントンを返さなかったからではありません。僕が自分の赦しに倣わなかったからです。
 このたとえ話を聞いた弟子達は、「1万タラントンの負債をゆるす王などいるだろうか」と考えたかもしれません。しかし、あの十字架を見捨てた自分を迎えに来てくださった復活の主に再会した時、たとえ話の王の姿を見たのではないでしょうか。
 パウロは、コリント教会の人たちに、許しを請う友を憐れんで受け入れ、キリストに倣うよう伝えています(Ⅱコリ2:5~11)。王の赦しの下に生きる教会のあり方を教えてくれています。
 100デナリオンは1万タラントンの60万分の1です。私達はこのたとえ話に出て来る王の姿に天の国を見つつ、王の憐れみに倣い、キリストの十字架の赦しの御業に加わります。神は憐れみの神です。神の民は、憐れみの民なのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
アクセス情報