マタイによる福音書 17:14~20

「弟子達はひそかにイエスの所に来て、『なぜ、私達は悪霊を追い出せなかったのでしょうか』と言った。」(17:19) 

 弟子達は以前ガリラヤで行ったように、「自分たちが」少年を悪霊から救えると思い、悪霊払いを試みました。結果は失敗でした。群衆の前で恥をかき、戸惑い、主イエスにひそかに質問しに来ました。
主イエスの答えは単純なものでした。「信仰が薄いからだ」。「あなたがたに信仰がないからだ」と訳した方が文脈の意味が通ります。この時弟子達は「からし種一粒」ほど(最小のものを意味する表現)の信仰すら失っていたのです。
信仰の働きの確かさは人間の側にあるのではありません。「山が移り、丘が揺らぐこともあろう。しかし、私の慈しみはあなたから移らず、私の結ぶ平和の契約が揺らぐことはないと、あなたを憐れむ主は言われる」(イザヤ書54:10)。神の契約に信仰・祈りの確かさがあるのです。からし種一粒ほどの信仰を手放すまいともがく私達は、そのもがきの中で、神の奇跡のために用いられていきます。
主イエスは、弟子達に「その子をここに、私の所に連れて来なさい」とおっしゃいました。弟子達は少年の手を引いて主の元に連れて行きました。ここで弟子達が求められた信仰の業は、これだったのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
アクセス情報