マタイによる福音書 16:13~20

「あなたはペトロ。わたしはこの岩の上に私の教会を建てる。陰府の力もこれに対抗できない。」(16:18) 

 シモンは「ペトロ(岩)」という名前を主からいただきました。「岩」という言葉から、シモンは何事にも動じない信仰をもった人という印象を受けますが、そうではありませんでした。
 ペトロと呼ばれる前に、彼は「シモン・バルヨナ」と呼ばれています。バルヨナはアラム語で「ヨナの子」という意味です。ヨナ書に出て来るヨナは、神から逃げ、逆らい、不平をもっていた人でした。しかし、そのようなヨナが用いられ、神の救いのご計画が進められたのです。ペトロはヨナのような岩でした。
 教会の本当の基礎は、イエス・キリストというかなめ石です(エフェ2:19~22)。ペトロ自身、後に「主の元に来なさい」と書いています。そのかなめ石の上に使徒や預言者の証しがあり、教会はその上で生かされています。(1ペト2:4~5)。
キリストが命を懸けて据えてくださった石を土台とする限り、教会は人間が絶対に自分の力で勝つことの出来ない死の力に勝るのです。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ログイン
アクセス情報