マタイによる福音書 14:13~21

「行かせることはない。あなたがたが彼らに食べる物を与えなさい。」(14:16) 
 
弟子達は命じられるまま、主からパンを受け取って自分たちの手で群衆に渡していきました。渡し終えた時、彼らは元の量以上になった祝福を目の当たりにします。
 旧約聖書にも、同じような奇跡の記述があります。預言者エリシャが飢饉で苦しむ人々にパンを配り、満たしました(列王下4:42以下)。あの出エジプトもそうです。杖一本しかもたないモーセを通して荒野のイスラエルは養われました。
 モーセも、エリシャの召使も、キリストの弟子達も、皆「自分には」できない、と言いました。その通りでした。民を祝福で満たされたのは神であり、彼らはそのために用いられた器でした。
 「私達は、このような宝を土の器に納めています。この並外れて偉大な力が神のものであって、私達から出たものでないことが明らかになるために」(Ⅱコリ4:7)。
 私達はメシアの宴において、この方の手足となって祝福を世に伝える器として用いられる光栄が与えられています。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
アクセス情報