使徒言行録16:6~10

「マケドニア人に福音を告げ知らせるために、神が私達を召されているのだと、確信するに至ったからである。」(16:10) 
 
 第二次宣教旅行に出かけたパウロ一行は、アジア州(南西)でもビティニア州(北)でも福音を告げることを聖霊から禁じられ、まっすぐ西に向かわされます。彼らは「無駄に歩かされているのではないか」と考えたかもしれません。
 トロアスというアジア大陸最西端の港町に着いた夜、ヨーロッパ大陸の人が「助けてください」と言う幻を見せられます。ここに至って、パウロたちは海を越えてヨーロッパ大陸へと導き入れられるために、ここまでまっすぐ歩かされてきたことを悟りました。
 聖霊によってヨーロッパ大陸へと導き入れられたパウロに待っていたのは、鞭打ち、投獄、異邦人からの侮辱、ユダヤ人たちからの告発でした。しかしその中でパウロは神の声を聞かされます。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。この町には、私の民が大勢いる。」
 聖霊は私達に平たんな道を用意してくれる霊ではありません。神は「私の名のためにどんなに苦しまなくてはならないかを、私は彼に示そう」とパウロを召されました。人間(教会)が知りえない神のご計画のために、教会は聖霊によって用いられていきます。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
アクセス情報