マタイによる福音書 10:16~25

「私はあなたがたを遣わす。それは、狼の群れに羊を送り込むようなものだ。だから、蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい。」(10:16) 

 残念ながら、主イエスは、私達があまり聞きたくないようなことをおっしゃっています。とにかく、キリストの名のために苦しむ、というのです。弟子達は喜んで総督や異邦人に証しすることになる、というのではありません「引き渡され、引き出され、鞭打たれ」ながらです。
 主イエスはペトロに「あなたは「行きたくないところへ連れて行かれる」とおっしゃいました(ヨハネ福音書21:18)。狼の群れの中に送られる、というのはそういうことなのでしょう。
 だから、「蛇のように賢く、鳩のように素直になりなさい」と主はおっしゃいます。蛇は危険を察知して素早く身を隠す、生き残る術に長けている生き物です。鳩は、他に暴力を振るわない生き物です。
 教会に求められているのは、何か華々しいことではありません。この世の中で、静かに、そして抜け目のないやり方で生き抜いていく、その中で、教会を通して父の霊が世にキリストを示されていくのです(ロマ12:17以下)。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
アクセス情報