マタイによる福音書 9:9~13
「『私が求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい。」(9:13) 

 なぜ主がマタイを招かれたのか、なぜマタイが主に従いえたのか、何も書かれていません。マタイの召しは、私達の理屈を超えた神の恵みの出来事として描かれています。
 福音書が重点的に描いているのは、マタイの召しよりもその後の食事の場面です。一人の罪人の立ち返りに、「大勢の」罪人が続き、キリストを中心とする宴が催されました。
 キリストの下には、神の招きに飢え渇いた心の貧しさ、霊の渇きもった罪人たちが集まってきました。その渇きを受け止めてくださるキリストの憐れみがこの宴を造り上げています。この席にキリストがいらっしゃる、ただその一点において、これは「メシアの宴」でした。
 ファリサイ派はこの席に連なることだって許されていたはずです。しかし、メシアを見ず、罪人から離れたままでいます。「私が求めるのは憐れみであって・・・」というホセアの預言は、私達にも問いかけます。「隣人をメシアの下へと執り成す愛をもっているか。キリストの憐れみ・赦しを必要とする自分の罪に気付いているか。」
 この食卓の中に、自分の顔を見い出す者でありたいと思います。

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ログイン
アクセス情報