マタイによる福音書 6:19~24

「あなたがたは地上に富を積んではならない。」(6:19)

 地上のものに勝る、天上のものに目を向けるよう促されています。これは、「あなたがたは自分自身のために富を地上に積むのをやめなさい」という言葉です。
 主イエスはお金や財産を全否定されているのではありません。優先順位をおっしゃっています。「『何よりもまず』神の国と神の義とを求めなさい」とおっしゃっている通りです。
 預言者イザヤは「主を畏れることは宝である」(イザ33:6)と言っています。イスラエルは歴史の中で真の宝が何かを思い知らされてきました。「人生の半ばで、富は彼を見捨て、ついには、神を失った者となる」(エレ17:11)。その通り、神よりも富を見るようになったイスラエルは神を失い、神殿を失い、国を失い、バビロン捕囚を体験することになりました。神殿の宝物庫の中身を失い、神への畏れ・信仰こそ真の宝であることを学んだのです。
 主イエスは「私の名のために、家、兄弟、姉妹、父、母、子供、畑を捨てたものは皆・・・永遠の命を受け継ぐ」(19:29)とおっしゃいました。私達は、ただ捨てて失うだけではありません。キリストの名によって後ろに残したものにも、「必要なものが加えて」与えられるのです。        

コメントは受け付けていません。

カテゴリーとタグ
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ログイン
アクセス情報